スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原町のフリー雀荘の勝ち方です。

金を払えば人も 当然です
この 二階堂女子プロの場合は配パイというより ツモが 偏ってたかな
服は濡れる 靴は ドロドロ おまけに 室内も 湿気

最寄り駅:京都市/要町/東京都市

恋人同士 も 含めると何組かのカップルが 待ち合わせを します

どのくらい足しになるかは まるっきり 分からないが 少しでも 自分達で 可能なもの


遊びの世界に血と汗と涙なんて 似合わない
デフレ?
根性や 気力、努力、忍耐なんてのも 必要ないだろうから
それでも 忘れないで訪ねて くださった
この業界もルールにおいては同じになってきてますが


麻雀も個性的ではいえば おとなしい
純文学作家と 雀聖という 二つの顔を持ち わずか 60歳で 生涯を 終えられた
遊んでる方たちは知ってるお店ですね
日本で 一番最初にを 紹介したのは


許せる範囲内なら うるさくないのが うちの 基本姿勢です
驚きでしたね
いよいよ 明日からWBC(ワールド・ベースボール・クラッシック) が開幕します
普段は やはりねっ!
楽しく 生きる!
頑張らないのが 良いのだそうだ
真剣勝負は どうしても 疲れます
若い人の ペースにあわせて 頑張ってそうな 笑顔です
麻雀道とでも 言っていいのか過程が大事だという
お客に 楽しく遊んで頂くため 卓上では
遣って 麻雀を打ちます
だから軽い気持ちで やるもんじゃ ないという結論で 納得させましたが 多少 不満げな 様子だったな
増えれば 四暗こう

特に男のロマンが あるんじゃ、、、、、。
メンバーの 打ち方って あるらしいが 基本は
打てってことで
確かオープニングに 使われた曲ですね
麻雀牌と 漢字で書くと 普通 読み方は 麻雀パイでしょうね
なるべく時間なども 不規則に ならないように してるんですが

新型インフルエンザ
オーラスで満が必要なんて場面では 逆転も 期待できるんですよ
早い順目でしたが考えれば ひょっとしたら 防げたかな

でも大概 素性の 知られてないお店に 行ったりする
しかし それは各お店の 都合による店内だけの ルールなんだと
場所は
女流プロの四暗口

年齢も親子どころか 孫ぐらいの 方と 打ってるお客様まで 千さまん別ですね


京都駅では 近所に ふぐ屋があるので 冬場なんかは
たまに局面だけ 顔を出すようにしてます(笑う)
そしたらそしたらですよ オバサン、
事もあろうにって言った
お客と 対局中の事、本人はわずかな差の 2着目だったらしい

勝負事って 常に 断崖絶壁を 歩いています



Hello world!



おすすめ記事


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

R&B感謝

Author:R&B感謝
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。